30代の乾燥肌の女性が使う化粧水とは

30代を超えた乾燥肌の女性は、どのような化粧水を使えばいいのでしょうか。

まずは、30代女性の肌の状態について、ご紹介します。

肌は徐々に、乾燥肌になります。

女性ホルモン分泌は、30代後半以降急激に低下します。

乾燥することによって、小じわや薄いくすみなどが目立ってきます。

肌の水分を保持する角質細胞間脂質の減少やストレスなどによる活性酸素の発生は、肌の老化を加速させます。

 乾燥肌の場合、もっとも基礎化粧品に期待することは、肌水分を維持することです。

その肌水分の維持で大切なのが、角質細胞間脂質です。

角質細胞間脂質は、セラミド配合の基礎化粧品を使うことで、お肌に補給できます。

お肌の乾燥対策で有益な「セラミド」は、角質細胞の間を埋める角質細胞間脂質です。

この角質細胞間脂質によって角質が整うと、肌水分の蒸発を抑えて、乾燥を防止することができます。

さらに、紫外線や外部刺激をブロックすることで、肌のトラブルを抑制します。

乾燥肌の方だけではなく、敏感肌・アトピー肌の方にも、セラミド配合の化粧水をおすすめします。

 30代に女性は、乾燥が加速するお肌に刺激を与えずにかつ、バリア機能を高めながら、肌の奥深くまで保湿する化粧水を求めています。

まだ、新陳代謝が比較的に高い30代前半の方であれば、セラミドを自ら作るお肌を取り戻すことができます。

毛穴の開きなど年齢肌が見え隠れしてきた方は、まずセラミド配合の化粧水を肌にしっかりと与えてあげましょう。

初期のエイジング対策として有効です。